キッズ・ランゲッジ junior 南輝

5/28南輝校『キッズ・ランゲッジ junior』

南輝校にて、『キッズ・ランゲッジ junior』を行ないました。

“恒例の”『アルファベット(大文字)』のテストも、今日で6回目。
始めた頃、26点満点中ひとケタだった子も、徐々に上がってきて、今日ついに満点をとりました!
いよいよあと1人で、全員満点となります(全員同時満点でないといけませんが…)。

先週記したように、習慣化することの大切さ・威力だと思います。
最近スタッフと話す中で、中学生の英単語のような暗記モノを、いかに覚えさせるかという点で、このキッズ・ランゲッジjuniorの子の取り組みを引き合いに出します。
定期的に行なうのではなく、“トレーニング”として、毎回課す。
トレーニングを習慣化して、“粘りっこい暗記”にしていく。
大量を少ない頻度で課すのではなく、少量を多い頻度で繰り返し課すことで、この粘りっこい暗記=残りやすい長期記憶になると思います。

大文字が全員合格すれば、引き続き『小文字』のテスト。
その紙の裏には、大文字を書くようにし、またしても大文字の復習。
小文字が全員合格すれば、次は『ローマ字』という具合に、テストと称するトレーニングは延々続いていきます。
そうやって、知識を長期記憶に貯蔵できるように鍛えて参ります。

テストの後は、みんなお楽しみの『アルファベット文字当てクイズ』。
今日から、チーム決めをジャンケンで行ないました。
ゲームバトルは盛り上がり、小文字の暗記に効果があるようです。

これからも、趣向を凝らして楽しい授業を行なっていきますね。

(文責:虫明)