キッズ・ランゲッジ 南輝

5/28南輝校『キッズ・ランゲッジ』

南輝校にて、『キッズ・ランゲッジ』を行ないました。

ぐんぐんノートの成績が、とうとう御南と同じ勝ち数になりました。勝った時には、皆嬉しそうに「勝ったね」と言っている様子を見て、私も嬉しくなります。
毎回、「ノートの出し忘れと0ポイントはなしよ!」と声をかけていて、気をつけている子が多いと思います。

国語の作文では、これまで口頭で発表するだけに留まっていた文を、書いて残すことにしました。
今日預かった文を見てみると、短く簡潔に書けているけれど味気ない文、長いけれど支離滅裂になってしまっている文など、色々です。
ここまで、若干“書きっ放し”感があり、気になっていたので、来週から、皆大好き「赤ペン先生」になってもらおうと思います。自分のものも含めて、添削する際にどういうことに気をつけるか意識するのも勉強のうち。
楽しみつつ、力をつけていって欲しいと思います。

英語では、『フォニックス』の基本、『アルファベット』の読み方(ア、ブ、ク、ドゥ…)の動画を見て、その内容のテストを。以前やってきていた子、動画にあわせてスラスラ言える子でも、いざ文字だけ見ると、なかなか思い出せない様子です。
キッズ・ランゲッジ junior』の授業のアルファベットのテストの考えを取り入れて、定着するよう毎回テスト(という名のトレーニング)を課し、全員全問正解するまで徹底していきますね。
「英語は苦手~」と言ってくる子もいますが、「苦手に思っていてもできる」というケースもありますので、「どうぞどうぞ好きに言ってて~。出来るようにしてあげるから♪」と子供たちを乗せつつ、今後の変化を期待して進めていきます。

(文責:植田)