キッズ・ランゲッジ 南輝

6/11南輝校『キッズ・ランゲッジ』

南輝校にて、『キッズ・ランゲッジ』を行ないました。

毎回授業前には、ぐんぐんノートの“がんばり表”を書きながら、「この子に負けたぁ!」ととても残念そうな子、順位の変動を気にしている子、教室対抗に強い興味を持っている子など、休憩中から雰囲気ができてきます。
『キッズ・ランゲッジ』の参加者はほとんどの子が平均ポイント以上を取っているため、月曜日のこの雰囲気が彼らの士気を高めているのかなと感じます。
とても頼もしいですよ。

国語の作文では、前回子供たち同士と私が添削した文の清書をしました。面白いのが、名前を隠しているのにも関わらず、「これは○○が書きそうな文よな?」「当たってる!」と言って、誰がどんな特徴のある文を書くかがお互いにわかっていたこと。匿名で添削する必要もなかったようです…(^^;)
今週も、語彙トレーニングから2語選んで、それを盛り込んだ文作りをしました。
決まりを守りながら個性を出すのは難しいことですが、こうして繰り返すことで慣れていければと思います。

英語のフォニックスのテストは、先週カツをいれてからの1週間で、満点がひとり、1問違いがふたり…と、頑張ってきている様子が強く伺えます。
まだまだ練習の必要な子もいますが、6月中には全員全問正解を目指して取り組ませていきますね。
ここのところフォニックスでいっぱいいっぱいになっていた様子でしたが、今日は(テストに向けて練習してきた分?)余裕が出来たため、新しい会話表現にも進めました。
しっかり口も手も動かして、英語に慣れる、更には中学入学時には初見の単語がなんとなく読める状態を作るべく、今後も「楽しく、厳しく」指導していきますね。

(文責:植田)