南輝教室長のブログ

英語は教科書が大事と言うけれど…

投稿日:

とうとうテストの真っ只中。
英語のテスト勉強って、何をしたらいいのか…と悩む声が一番多く聞こえてくる時期(のピークを超えた頃)です。

必ず「英語は教科書が基本だから、教科書の文を和訳英訳できるようになればいいんだよ」とは言ってきましたが、なかなかそううまくいかないのが現実…。

現在講師をしている子が中学生だった頃、同じように暗唱テストを行っていたのですが、今でも話題に出ます。
「あの日が中学3年間の中で一番大変な時だった!」
出来なければ居残り…で、定期テストで英語は7~8割をキープしていた子ですら2時間近く居残りになりましたから(^^;)
それに、先生がひとりずつ順番にチェックしていたので、時間がかかっていたのは確かです…。

ゴリ押ししても反発、甘やかしたらできない…で、いい方法はないかと数年がかりで試行錯誤してきました。
もしかしたら、めちゃくちゃいい方法を見つけたかも!と、ここしばらくホクホクしています。

ヒントは、今年度取り組み始めた動画教材。

どうも、最近の子供たちは視覚には長けていても、耳が全然育っていない様子。それに、体が覚えるような勉強にも慣れていない。
塾長はじめスタッフ一同で、これまたどうしたものかと思案の末、今回の動画導入に踏み切りました。

英語は、欲しい教材がまわりになかったため、手作りで。

テスト週間に入り、その教材を教科書本文の復習に使っているのですが、普段「できん!」とゴネゴネいう子も一生懸命取り組んでいるではありませんか。

   

これは、もしかすると…もしかする!?
もちろん結果はこれからですが、まずは取り組み姿勢が変わってきた様子が何よりの収穫です。

夏休みの『夏トレ』でもフル活用する予定になっています。
これから結果検証して、今後更にパワーアップさせていきますので、その結果とあわせてお楽しみに!

(文責:植田)