キッズ・ランゲッジ 南輝論トレ(論理力養成トレーニング) 南輝

2019.11 南輝『キッズ・ランゲッジ』

キッズ・ランゲッジの授業報告と、今後の授業計画・目標をお知らせします。

今月さらに新しいメンバーが参加し、いよいよにぎやかな時間になってきました。
英語の時間には、おとなしめの子も臆することなく声を出すことができ、『アルファベット』『アルファベット・フォニックス』ともに、目だけでなく、口や耳からの刺激も増えています。
10月の目標としていた、「テスト全員満点!」は、残念ながら達成ならず…今月も引き続き同じ目標で頑張ることになりました。
ビギナーチームにとっては少々高いハードルのようですが、『ぐんぐんノート』によく練習してきている様子を見るので、頑張っていることが反映されたらいいなと、応援したい気持ちでいっぱいです。

また、国語の時間に取り組んでいる『ぐんぐんマップ』については、たくさんブランチ(枝)を出すのが課題になっている子、それがクリアできたので、今度は階層にまとめていく練習に入った子など、個人差はあるものの、みんな楽しそうに取り組んでいます。
ここ1か月の間に何度かぐんぐんノートの優秀作品で紹介しているので、ぜひ見て頂けると幸いです。
こちらも、次のステップとしては【食べ物】-【果物】-【いちご・みかん・りんご…】などの、グループでまとまり(階層)を作って、頭の整理をする練習ができたらと思っています。

パッと見は遊んでいるように感じられることもありますが、知識を使えるようになるには、まずその知識を断片でも知っておくこと(=ブランチの数)、何らかの理由で知識同志をつなげること(仲間分け)、抽象から具体の流れを持てること(階層)などの、脳の構造を視覚化したものと思ってもらえれば何よりです。
困ったときに、自分で解決に導ける練習…のいよいよ初歩というイメージで続けて取り組んでいきますね。

(文責:植田)