御南教室長のブログ

書き残す力

投稿日:

今日は中学2年生の数学の授業でした。
2年生になって、計算もより複雑に、長くなってきています。

今は連立方程式の計算に取り組んでいる2年生ですが、
「あれ?合わん。」「あーあ。もっかい最初っからじゃー」と、
今まで、暗算が得意で、頭の中で計算することが多かった子に、
ミスが多くなってきています。

途中式をしっかり残していたら、最初からやり直さなくても、
間違っている部分から直すことができるのに…。

「考えた過程を残すこと」
これは、数学の途中式だけでなく、普段の勉強でもとても大切なことです。

「書き残す」ということは、後から「見直す」ことができるということ。
せっかく「わかった」ことを書き残さず、忘れて振り出しに戻ってしまうのは、非常にもったいないです。

書くことを「面倒くさい」と感じる子も多いですが、
「わかった」ことが、確実に「できる」ようになるまで、
忘れてしまっても、ちゃんと取り戻すことができるように、「書き残す力」を鍛えていきたいです。

ちなみに今日の授業では、丁寧に過程を書き残しているMちゃんが
ダントツで間違いが少なかったです。

今日の授業でまとめたポイントも、難しく感じたところも
しっかりノートに残っています。
みんなより大きく1歩リードしてますよ。(^^)

(文責:若林)