論トレ(論理力養成トレーニング) 南輝

2019/7/23~26 南輝『論トレ』

夏休みが始まり、南輝教室にて小学生対象の『論トレ(論理力養成トレーニング)』が始まりました。
火・水・木・金の17時から、毎日少しずつ授業を行っています。

まず、論理とは何か?について考えたいと思います。
例えば、子供たちの言葉の端々に出てくる「みんな持ってるし、ゲームが欲しい!」「なんとなく、やりたくない」などの表現、気になりますよね。
みんなと言っても、本当に全員持っているわけではなく、まあそれなりの人数かな?くらいでしょう(最近人気らしい「フォートナイト」も、やっている子やっていない子で半分ずつくらいでしたし)。
「なんとなく」なんて言われても、納得できるものではありません。
このように、理由・根拠として不十分なものを持ってきて、自分の意見を通そうとするのは単なるワガママです。
そうではなく、「よく遊ぶ〇〇くんと△△くんと□□ちゃんが持ってて一緒にゲームしたいから、自分もゲームが欲しい!」「今は眠くて集中できないから、後からにしたい」ならまだ許せる…かな?
子供たちにも伝わるように簡単な言い方にしてしまうと、論理って「わかりやすい説明・ちゃんとした理由」といえるでしょう。

さて、今週はみんなにも「論理ってなに?」というテーマで、イントロダクションを行いました。
ケンカの場面を見たとき、どうするのか、またそれはどうしてか。
人に道案内をする時にはどう伝えるか。

なんとなくやってきたことが「どうしてそうするの?」や「わかりやすく」を意識すると、結構難しく感じたようです。

これから、色々なテーマを取り上げて、理由をつけたり逆にどうなるかを考えたり、さらにそれを文章化することで、論理の初歩を身につけていきます。
私も論理力に関しては、まだまだレベルアップが必要ですし、一緒に頑張りましょうね!

(文責:植田)