キッズ・ランゲッジ 南輝

2019/7/29 南輝『キッズ・ランゲッジ』

南輝教室にて、『キッズ・ランゲッジ』を行いました。
現メンバーになって2回目。普段顔を合わせている分、慣れるのも早いみたいです。

前回気になっていた、低学年の子には難しいだろうと思われる『英単語フォニックス』の時間は、低学年と高学年に分かれて、高学年は従来通りフォニックスを、ビギナーの低学年の子は、アルファベットのカルタ並べを頑張ることにしました。
大文字も小文字も、最初はヒントを見ながらでしたが、何度か繰り返すうちに、何も見ずにAからZまできちんと並べられていました。頑張りました!

また、久しぶりに参加した子から、「フォニックス忘れたかも知れん…」と聞き、確かにテストを行ってもポロポロ忘れているところを見ると、継続の大切さを感じます。

「何度も話に出て、耳タコだよ~」と言う子もいますが、漢字にしてもなんにしても、覚えたいものは一度にたくさん練習するのではなく、一回の量は少なくても、何日にもわたって繰り返す方がかなり効果的です。
理想を言えば、キッズ・ランゲッジのような、週に1回の触れ方ではなく、毎日触れる方がいいのでしょうが、通塾回数等の全体像を考えたら、この頻度が精一杯かなとも思います。
その分を『ぐんぐんノート』でカバーできれば、と思いながらの授業でした。
また子供たちにも声をかけて、塾以外でも英語(アルファベットやフォニックス)に触れる機会を取らせたいです。

(文責:植田)