論トレ(論理力養成トレーニング)御南

2019/8/22~23 御南『論トレ』

御南教室にて『論トレ(論理力養成トレーニング)』を行いました。

夏休みからスタートした論トレですが、意見文の『起承転結』の流れをテーマに練習してきました。

自分の意見・根拠・相手の立場に立った意見・反論・結論という決まった流れを、
シートに沿って考えて書いてきましたが、だんだんと流れがつかめている子が増えてきています。

相手の立場に立った意見の部分では、相手の意見の良いところを書いて、
それに反論するというパターンで練習してきましたが、
今週は、ある3年生のメンバーが
相手の立場になって、『自分の意見の悪いところを述べ、それに反論する』という、
新しいパターンを作りました。

相手の立場に立つという、大きな流れを理解しながら、
自然と筋道を立てて工夫できたことに驚きました。

意見文の流れについて取り組んできた、夏休みの論トレですが、
9月からも、また様々なテーマを取り入れながら、考える論理の時間をとっていきたいと考えています。

みんなと勉強していると
「計算はできる」、「暗記していることはできる」というだけの力では、
太刀打ちできない問題がたくさんあります。

相手の立場に立って、出題者の意図をくみ取ろうとしたり、
覚えるときも、ただ覚えるのではなく「どうして・なんで」と根拠を考えてみたり、
そういう力をつけていかなければ…。

考える力。思考力。論理力。

簡単に身につけることはできない力です。

まずは、上手くはできなくても、「そういう風に考えてみよう」と習慣を付けていくところから、
論トレの時間も使いながら、楽しく、少しずつみんなに良いクセがついていくよう、
試行錯誤しながらでも、頑張っていきたいと思います。

(文責:若林)