キッズ・ランゲッジ 南輝

2019/8/8 南輝『キッズ・ランゲッジ』

南輝教室にて、『キッズ・ランゲッジ』を行いました。
木曜日のキッズ・ランゲッジは、いよいよ中学入学準備を半年後に控えた6年生対象の授業となります。
残念ながら一人欠けての授業でしたが、今日はしっかりと「どうして英語って勉強するの?」という話について皆で考えました。

得意だったり、そこまで苦手意識を持っていなかったり、その必要性をきちんと理解できている人にとっては、あまり意識に上ることのない「なんで勉強するの?」という疑問。
今回の対象生徒は、全員「英語はあんまり得意じゃないなぁ…なんで勉強せんといけんのん?」という疑問を持っているようでした。
「なんでだと思う?これからみんなが大人になってきたら、どんな世界になってるんだと思う?そこで英語がどう必要になるんだろうね?」と問いかけつつ、ガイダンスを。
(思春期の彼らにとって、やる前の動機付けは、非常に大事だと思っています)

インターネットを通じて、簡単に外国の人ともやり取りできる状況になってきていること、日本が直面している、少子高齢社会での労働力確保、また自身が海外へ仕事をしに行く必要性の話をし、「その時に、海外の人がみんな日本語を話せるんだろうか?日本人に合わせてくれるんだろうか?」と、少し厳しく感じる内容も伝えました。
ぼんやりとでも「世界のみんなとやり取りするには、英語が便利なんだな」と感じられればスタートラインではないでしょうか。
勉強をし始めてから、「やってみたら意外と面白いかも?」と思えたら何より。そうなっていけるように、こちらもビシバシ、かつ楽しめる授業を工夫していきますね。

(文責:植田)