ぐんぐんノート / 成績発表

2019/9/7 ぐんぐんノート / 成績発表

投稿日:

2019年9月7日 更新

『ぐんぐんノート』の 成績発表です。

ぐんぐんノート 成績発表 2019/9/7

今日は、多岐にわたる習い事の効果的な習い方を考えてみたいと思います。

習い事をするのは子供なので、保護者は費用の負担だけをして、中身は子供任せになっているケースがあります。

費用を負担することで、保護者の役割を担っている感覚かも知れませんが、子供からしてみると、自分の取り組みを、保護者が遠巻き(自分はやらずに子供だけにさせる)のスタンスで見ていたら、子供は、その冷めた(これは語弊があるかも知れませんが)気持ちを感じ取ってしまいます。

結局は、保護者の背を見て子は育つので、保護者が楽しく夢中になって学んでいれば、子供もなんだかワクワクして引き込まれてしまうものです。

子供が冷めた感覚にならないための、家庭でできる効果的な方法は、子供が「なんで?」と聞いてきたら、「そんなこと知らない」ではなく、保護者が「なんでだろうね」と、一緒になって考えてあげる返答をしてあげることです。

「そうだね」「どうしてだろうね」「じゃあ、ちょっと一緒に考えてみようか」といった会話があるかどうかが大切です。

可能であれば、親子で発見や知識を共有する時間を作ってあげたいものですね。

そうすれば子供は、保護者に見守られている感が生じ、安心感の中で習おうとします。
そうすれば、習っていることが、より身につきやすくなることと思います。

下のページへ、過去の優秀作品をテーマ別に掲載しているので、「内容が浮かばない」という人は、参考にして下さいね。
算数・数学 国語 理科 社会 英語 その他