キッズ・ランゲッジ junior 御南

2019/9/9 御南『キッズ・ランゲッジ junior』

御南教室にて『キッズ・ランゲッジ junior』を行いました。
夏休みも終わり、新しいメンバーでの授業にも慣れてきています。

メンバーの中には、『フォニックス』をマスターしたことで、
ローマ字や英単語が読めるようになってきた子も出てきたり、
「たとえば」「つまり」の『接続詞』の使い方は、全員のメンバーがすらすら発表できるようになりました。

近頃よく感じるのが、キッズ・ランゲッジ以外の勉強にも言えることですが、
『続けること』の大切さです。

「1回できたからもう大丈夫。」
さらに悪いことに「1回やったからもういいや。」なんてやめてしまう子も。

続けていかなければ、力はつかないのに…。

juniorチームの授業でも、毎回同じテストや単語の問題を使って続けてきましたが、
4月から初めて、近頃ようやく「できる」「わかる」子が増えてきて、とてもうれしく思います。

たくさん量をこなしたり、丁寧に時間をかけて教えたことで、できるようになったわけではなく、
やはり、何度も何度もくり返し続けてきたことが、実を結んでいるなぁと感じます。

何事も、できるようになるには時間が必要。

私たち大人からすると小さな、簡単な内容でも、『続けていくこと』
ぜひ、ご家庭でも応援してあげてくださいね。

(文責:若林)