南輝教室長のブログ

説明も大変(^^;)

投稿日:

オンライン授業への、講師の授業参加も始まりました。
みんなが慣れる間は、植田がオンライン担当、講師が教室の授業担当という役割分担をしていたのですが、オンラインのみとなる日には、講師もパソコン越しに解説や子供たちの理解度のチェックをしていくようになります。

教室での勝手と違い、手元のメモ用紙にササッと書いて説明するような環境ではありません。ただ、ひとつひとつ丁寧に、「ここまではOK?はい、言ってみよう」という
理解度を確かめながら説明を行うことができます。

これ、質問する側の子供たちにとっても利点があって、「なんとなくわからん」と問題を先生に丸投げすることができなくなるため、「どんな問題で、何が分かって、どこからわからなくなった」という、質問をするために自分の頭を整理する必要が出てきます。
これがすごく大事!
大変だけど、その分頭を使って、「こういう環境だからできるようになったこと」が増えれば何より。
逆境でもそれを生かして、自分の成長につなげたいですね。

(文責:植田)