南輝教室長のブログ

子供たちの疑問 vol.6

子供たちからの鋭い・素朴な疑問シリーズ、第6弾!

「PLAN-DO-SEEってどういうこと?」

結果を出すために必要なことです

具体的に説明していきますね。
ややこしくなってしまわないように、ひとつずつ考えていきましょう。
まず『PLAN』について。

目標なきところに成果なし、計画なきところに実行なし。

何かを達成しようと思ったら、まず達成したい内容が必要です。
「テストで○点取りたい」「△△高校に受かりたい」
高尚じゃなくてもいいです。自分がちょっと背伸びするくらいのことを考えてみよう。

ぼんやりとでもそれが持てたら、次に期限とステップを決めます。未来のことからどんどん今に近づけていきます。
 「高校合格」
 ←「○月自己診断テスト☆点」
 ←「△月は第1章を完璧にする」
 ←「△月第1週はワークの◇ページまでを解けるようにする」
 ←「今日は…」

それを達成するための、具体的な方法を考えます。
「ワークの◇ページまで問題を解いて、できなかったものは先生に質問して理解したら、後日もう一回解く」などです。
できれば、何を使うかは決めておいた方が良いと思います。
高校生だと、この参考書と心中するんだ!くらいの物をずっと使っていきたいですね。小中学生は、それが『キャンバス』であり、『ぐんぐん(G)ノート』。

また、取り掛かりに時間がかかる人は、「メイン内容と合わせて単純なドリルを毎回最初に2分やる」と、決めてしまうのもアリです。

目標と計画って、別物のようでめちゃくちゃ近しい存在です。
「高校合格したいな~」と思うだけで合格できるはずはなく、そのために、「いつまでに・何を・どう」するのかを考えます。
そこまで決まれば、後は走り出すだけ。
ここから先は『DO』の話になってきます。

次回は「PLAN-DO-SEEってどういうこと?」続きのDO編です。

(文責:植田)