ぐんぐんノート / 成績発表

2020/9/5 ぐんぐんノート / 成績発表

2020年9月5日 更新

『ぐんぐんノート』の成績発表です。

ぐんぐんノート 成績発表 2020/9/5

dancin' ぐんぐんくん

「〇〇しなさい」
「いつになったら、勉強するの?」
「早くしなさい!」
・・・
よく聞こえてきそうな声です。

言わないとしない子は、言われないとしない。
そういう状態が続くと、自分から進んではしない習慣がついてしまいます。
学年が小さいうちは、まだいいのですが、反抗期になってくると、そのやりとりが親子関係を崩してしまうことも…。

理想的には、小学校2年が終わるまでに、自分から机に向かう習慣を付け、自分から勉強する子に育てるべきです。

お母さんの方が、何かと優位に立てる段階だからです。
また、子供自身、向学心が比較的旺盛な時期だからです。

この習慣が付いていると、高学年になれば、大きな威力を発揮してきます。
親子関係が崩れにくいことに加えて、学業不振に陥る可能性が低くなります。

成績の上がる子は、自分から取り組む子です。
「教えてくれないから、わからない」という子のほとんどが、学業不振に陥ります。

今現在、塾生たちを見ていても、同じことがいえます。
『ぐんぐんノート』の取り組みが、コンスタントに伸びている子は、その土台を固めているのは、言うまでもないところです。

今年も、中3生が高校受験に向けてラストスパートの時期に入っていきますが、全く同じことが言えます。

自分から取り組まない子は、伸びません。
依存心が強い子は、先生の関わりがある時間しか学習効果が出ません。

自分で取り組める子は、勉強時間が全て効果の出る時間となるので、依存心の強い子に比べて伸びが違います。

2学期のぐんぐんノートのバトルがスタートしました。
将来の土台固めのためにも、心機一転、がんばりを期待したいところです。

自分から勉強する子

下のページへ、過去の優秀作品をテーマ別に掲載しているので、「内容が浮かばない」という人は、参考にして下さいね。

算数・数学 国語 理科 社会 英語 その他