キッズ・ランゲッジ 南輝

4/10南輝校『キッズ・ランゲッジ』

南輝校にて『キッズ・ランゲッジ』を行いました。
以前、同講座を受講していた子が、久しぶりにカムバックしての授業となりました。

『ぐんぐんノート』の作品紹介時、「嫌々やっても頭に入らない」という話をしました。「勉強したことが、頭脳の“海馬”という所を通る際、海馬がこれは覚えるべきか・忘れるべきかという判断をするのですが、ネガティブなイメージは、とても逆効果で、イヤという感覚では、いくら努力しても、実りは少なくとても損なことだと話しました。
「そこで大事なのは、いかに楽しく学ぶか、いや、いかに楽しくなるように工夫するかが大事だ」と話しました。「ちょっとした工夫で、嫌に感じていたものが、意外とそうでもないことに気付くことがある。もし、気付けなければ、友達や先生、また親にヒントをもらうのもアリだよ」と付け加えました。
毎週行う作品紹介は、そのヒントの一助になればと思い行っております。

前半の『語い』の時間は、まだ2回目ですが、みんなの取り組みが、とても楽しそうでホッとしています。

『フォニックス』の時間も、最近新たに数名迎えた上で、みんな慣れてきています。徐々に、スピードアップを図っていきたいと思っています。
しっかりついてきて下さいね。

(文責:虫明)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください