キッズ・ランゲッジ 御南

5/9御南校『キッズ・ランゲッジ』

御南校にて『キッズ・ランゲッジ』英語を行いました。
今月より、前半部分を私と塾長とで進めていきます。ブログも、私が更新してまいります。
『フォニックス』に関して私が授業に入ることは今まではなく、前回の塾長の授業を参考にしながらの授業への参画となりました。
私の授業としては、初めてということもあり、ぎこちない箇所があったかと思いますが、それでも子供たちは積極的に取り組めていました。
先週塾長が、
「恥ずかしがったり間違えたくないからといって、言わないのは、英語が苦手になる人の共通点です」
「恥ずかしがることの方が恥ずかしいこと、間違える方が上達することを忘れないようにしましょう」ということを言っていましたが、これに関しては、私にも思い当たる経験があります。
私が高校生のときの話ですが、英語が得意な子ほど、積極的に発音練習をしていました。自信があるため、恥ずかしさなどはあまり感じていない様子でした。得意な子は、このようないい循環でどんどん力をつけていきます。
しかし一方で、苦手な子ほど恥ずかしがって、人前で発音することを避けます。その結果、なかなか上達できない子が多かったです。

せっかく今から英語に触れる機会を持てているので、ここで、『人前で発音する恥ずかしさ』を乗り越えて、一皮剥けることが出来るように、機会を設けていきます。

(文責:石川)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください