どこにもない教材・指導法

当塾では、知識詰め込みのような指導は行いません。
丸暗記よりも、知識を繰り返し使う習慣を付け、自然に理解を深め長期にわたって記憶していく以下のような学習法を指導しています。

1.新しい事を学んだら、基本となる説明・ポイントを自分の言葉で書きます(これを「旗を立てる」と呼んでいます)。
2.その後、同じ内容・関連する事柄が出てくるたびに、旗を立てた場所に戻り、思い出し前回よりも理解を深めさせます。
3.そしてまた、時間の経過と共に、その旗へ戻る機会はやってきます。
何度でも何度でも、失いかけた知識・理解を取り戻しに旗を立てた場所へ戻ります。
4.そしていつか、「あぁ、あれね」とか、「左のページの下の方にあったヤツ」などという反応が、子供から出始めると、旗を立てた場所へ戻る必要はなくなってきたと判断します。あぁ、あれね! あそこにあったヤツ

 

 

戻っているうちに、もう1つ、重要な変化があります。関連した内容がつながり出すという傾向です。10あったものが5になり、5になったものが3→2→1になっていく。
たくさんあったように感じていた事項が、減っていく感覚が出てきます。
これこそが、応用力をつける過程に生じる傾向です。

定期考査では点がとれるのに、実力テストは苦手という子の多くは、この変化を遂げないうちに、その単元の学習を終えてしまっています。

では、子供たちが、このような反復学習を自分でできるのか?
いえ、かなり難しい話かと思います…

では、どうやっているのか?
当塾では、子供たちが教えてもらったことの説明・ポイントを書いている間に、講師は全員LINEへ教えた内容をリアルタイムで書き込みます。
それを、塾長がプログラムに一斉転記・データ加工し、翌日以降の授業に反映していきます。
反映の仕方は、そのデータをプリントアウトし、子供たちにレビューさせるという方法です。
反復忘れていれば、何日・何週間・何カ月もかけ、何度でも、何十回・何百回とレビューさせていきます。

 

最初の段階でわかってなかったり、わかったフリなどしていても、必ず発覚する場面がやってくる流れなので、わからずに進む心配はありません。
子供たちは、塾へ来るたびに、前回以前の自分の弱点・課題と延々と向き合っていくようになります。

子供たちが、自分の弱点・課題を、どの先生にも知ってもらっている上に、オートマチックに向き合っていける学習環境を提供する、この一連の流れ・行為が、当塾のオリジナル教材・指導法です。